気になるイボは外科手術を行えば取り去ることができるわけですが

色素沈着の影響で、ツートンカラーの状態をぐっと気になるものにしてしまうというわけです。症状が現れる部位がほぼ一緒であり、確認できる姿がイボ状で同じことから、病気の一つである尖圭コンジロームにかかったと心配される場合が多いのですが、真珠様陰茎小丘疹については少しも心配することはなく、性行為による感染ではないのです。

 

尖圭コンジローマというのは、とても頻発する感染症です。通院しなくなって90日以内に繰り返すケースが大部分を占めているのですが、半年くらい経過するまでは気を付けてください。

 

包茎手術をやらなくても、仮性包茎の状態を改善する装置も多数生産されているので、それを試してみるのもOKです。仮性包茎がイヤなら、なんらかの治療が不可欠です。普段の状態で、雁首のところで性器の皮が止まる方であっても、自分で引っ張って亀頭部分に皮をかぶせた際に、亀頭が少しでも包皮をかぶってしまう場合も、仮性包茎と定義されています。

 

軽症のカントン包茎の状態ならば、多少の違和感を感じる程度の症状ですが、重症の人では、皮の先端が亀頭下の部分をひどく圧迫してしまって、かなり痛む場合も少なくありません。仮性包茎の人でも、普段から剥くのが癖になっている方だったら、内側の包皮は十分鍛えられていて外の皮との色の差が小さくなるので、見栄えの悪いツートンカラーの状態になることが少ないのです。

 

長すぎる皮を切り取った場所にできる傷口を縫った痕を境界線として、古い皮と新しい皮の色合いが異なる場合があるのです。こうして2色になるのが多くの人にツートンカラーなんて呼ばれる理由です。新開発のうつ病を治すための薬の中の成分に、射精までの時間を長くする効き目があることが見つかり、早漏解消に効き目のある治療薬として実際に使われることになりました。

 

脳に作用して早漏の症状を解消するというものです。包茎と亀頭増大の手術を、同時にやってもらいたいという男性がかなりの割合に上ります。同じときに亀頭増大手術をやっておくことで、オチンチンの格好をかなり堂々としたものに見せることが簡単に実現できます。

 

早漏に関しては、心に原因があるものが少なくなく、焦りとかストレス、プレッシャー、あるいは度を越した興奮なんかを理由として発生しやすく、何回も同じことが起きて長期化して通常の状態になりにくくなるのです。

 

それ以外の包茎のときとは違って、カントン包茎による症状では出血することも多いことから、迅速な治療が欠かせません。ベストなやり方は、信頼できるクリニック等での手術による治療です。

 

手術の後でツートンカラーになるか否かは、手術を受けた人のペニスの状態に影響されるから、医師の腕前によるというものではありません。とはいえ、ツートンカラーを気づかれないようにするというテクニックは存在します。仮性包茎というのは、普段の生活で困ることはなく、パートナーとの性交の場合でも特別に痛いわけじゃないから、必ず手術による治療が必要というものではありません。

ページの先頭へ戻る